メニュー
ホーム
商品一覧
買物かご
ストアホーム > 静岡でなぜ織物?

静岡でなぜ織物?

「静岡」という地名で何を思い出されますでしょうか? お茶、みかん、富士山あたりのキーワードを思いつかれた方が多いのかなと思います。 織物や繊維を想像する方はほとんどいらっしゃらないかもしれません。 静岡県内でも東部・中部の人は浜松が繊維の街という印象はかなり薄いのが実情です。 静岡県は東西に長い県で、大きく分けて東から沼津を中心とした東部・伊豆エリア、静岡市を中心とした中部エリア、浜松市を中心とした西部エリアに分かれています。 すごくざっくり各エリアをご紹介しますと ・東部エリア=観光の街 ・中部エリア=商業の街 ・西部エリア=工業の街 という特徴があります。 この中で、繊維関連の産業が盛んなのは浜松市・磐田市を中心とする西部エリアです。江戸時代までの名称で遠江国(別名:遠州)と呼ばれます。 遠州地方は古くは綿花の産地であり、必然、織物の産業の芽も育っていました。 明治以降、製織(糸を織って生地にする作業)が急速に産業化し、大量に生産されるようになりました。 大量に生産するため、従来手作業の機織(はたおり)が、自動織機により機械化が進み、その自動織機を作るメーカーが浜松市近辺に興りました。現在のスズキ(浜松市)やトヨタ(愛知県刈谷市)です。 特にスズキ自動車は当初鈴木式織機製作所として浜松市で創業し、その自動織機のエンジン部分をつくるノウハウから自動車産業に移行し、現在まで続いています。 一時期(1970年代ごろまで)は、遠州地方の繊維・織物業は日本の有力は輸出産業として、当地も非常に好景気な時代(ガチャマン景気)がありましたが、円高や安価な海外の製品におされ、現在では規模は最盛期に比べ非常に縮小しています。 現在でも少なくはなりましたが、織布、染色などの工場が綿織物を中心に様々な生地を生産しており、また、「浜松=工業の街」という印象の源流は、繊維産業(自動織機)にもあるといえます。 http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-560/eo/eo_history.html

Our Promise

当店のすべての商品は、静岡県で織られた生地を国内の縫製職人が、1点1点を手仕事で仕上げています。

生地から選ぶ

運営者情報

店主/中川拓郎(プロフィール

ブログ

2011年より地元静岡の美しい織物とカメラを組み合わせ、カメラバッグ・ケースの企画・販売をいたしております。
スタッフ一同、心を込めて商品をお届けいたします。

静岡日和は静岡県に本社がある静岡日和株式会社が運営しています。

Page Top
© 2011-2017 静岡日和